薄毛にはカプサイシンとイソフラボンを同時に摂取

カプサイシンとイソフラボンを同時に摂取すると、80%もの高確率で、薄毛に悩む人たちに、改善傾向が見られたと報告されてます。

カプサイシンは唐辛子、イソフラボン大豆に多く含まれる成分ですね。

この2つの栄養素を組み合わせて摂ることで、髪の成長に働きかける、新たな作用が判明したそうです。

イソフラボンとカプサイシンを同時摂取すると頭頂部の血流が改善され、ホルモンバランスを正常にして髪がしっかり太くよみがえるようです。

さらに相乗効果によりIGF-1という物質が増殖し、これが休止状態の毛乳頭を刺激して、活性化してくれます。

すると、成長の途中で抜け落ちてしまっていた、細く頼りないひょろひょろの毛も太くしっかりした毛に甦らせてくれると考えられます。

「あるある」で、カプサイシンとイソフラボンを効果的に摂取できる、抜け毛予防レシピも紹介されていました。

納豆キムチを混ぜあわせる、「納豆キムチ」。
・コチュジャンとお酢を混ぜ合わせたタレを、豆腐にかける、「韓国風冷やっこ」
・豆腐と野菜を豆板醤で炒める、「ピリ辛炒り豆腐」

ナットウキナーゼで、美と健康をお届けします。


コンブ酢でリンスしたら新毛がいっぱい生えてきた
posted by Noranikki at 20:27 | TrackBack(0) | 豆乳ダイエットとは?

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。